YAS税理士の独り言

Entries

Category : 資格

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明後日の2月7日は税務会計の試験日です!

みなさん試験勉強は出来ていますか?

ヤマは張らずに、まんべんなく解けるようにしてくださいね。

第一問の語句の問題は、時間をかけず確実に点を取ってください。

第二問は圧縮記帳や貸倒引当金の問題がよく出てますね。

受取配当等の益金不算入の問題も要チェックです。

第三問は総合問題です。とにかく、部分点はしっかり取りましょう。

計算した後、別表四に記入することを忘れないように!

出来れば、みなさんは経理のスペシャリストなので税額まで合わせて欲しいですけどね。

ホント頑張ってください

なぜか僕の方が心配で緊張してきました

みなさん、手ごたえや感想、出題された問題をメールで教えてくださいね

全員合格できると信じています!


ブログランキングに参加しています。記事を読まれたら1クリックお願いします。
↓ ↓
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
先日、2級ファイナンシャルプランニング技能士の合格証書が送られてきました。
どんな合格証書か楽しみでしたが、開けてみると少し拍子抜けしてしまいました
意外と地味ですね

001_convert_20090707094135.jpg
前回のブログで、FP技能士2級に合格~と見込みで記載しましたが、7/1に合格発表があり確認したところ合格していました。ほっとしています。
FP技能士は自己啓発を兼ねて受験しました。もっと自分自身頑張って色々と勉強したいと考えています。
FP技能士2級を目指されている方には、前回のブログ(カテゴリ資格より閲覧可能)が少しでも合格のヒントになればと思っています
今は、記帳指導のため、「やさしくできる青色申告」「青色申告スタートブック」を勉強中です。出来るだけ難しい用語は使わず、どのようにすれば簡単に帳簿作成ができるか思案中
記帳が初めての方も多いと思うので、同じ立場になって考えたいですね。
昨日の5/24(日)はFP技能士2級の試験でした。大学が試験会場だったんですが、FP受験者がぞろぞろ。FPは人気あるんですね~すごい受験人数で圧倒されそうでしたでも、試験の緊張感って好きなんですよね。比較的受験者も若く、約1/3は女性の方でした。

001_convert_20090525143052.jpg

で、僕がFP2級技能士を受けた理由ですが、税理士業をやっていると、社会保険や年金について聞かれることも多く、一度ちゃんと勉強したかったからです。また、個人的にも金融資産に興味がありましたので、投資についても知識をつけたいと思いました。

あまり知られていませんが、税理士資格があればファイナンシャルプランナーズ協会主催のAFPの資格が、研修とレポート(研修費用が高い!)で授与されます。しかし、やるなら自力で受けようと決意し、AFPと同等レベルの国家資格のFP技能士2級を選択しました。こっちの方が合格しても年会費もかからないですから。

FP試験を受けようと思い立ったのが、個人の確定申告が終わってからでしたので、2ヵ月で合格できるのか心配でした。
勉強して思いましたが、FP試験てかなり生活に密着していて、日常で知っておくべき常識も学べたような気がします。約40%が税に関することなので、勉強はしやすかったです。会計事務所に2年ほど勤めてらっしゃる方なら比較的受けやすいと思います。
FPに興味がある方や、現在FPを目指しているという方へ、僕が身をもって体験した勉強方法などを以下に記載しました。少しでもお役に立てればと思っています。

ここからは、FP技能士2級に合格するためのコツを解説します。

僕が使用したテキストと問題集ですが、以下の2つです。
・ユーキャンのFP技能士2級 速習レッスン(イラストが多く見やすいのでテキストとして使用)
・パーフェクトFP技能士2級対策問題集 学科編
・パーフェクトFP技能士2級対策問題集 実技編(個人相談業務)
きんざい発行の2つの問題集は解説がしっかりしていて、インターネットでも色々調べたら1番よいとのことで使用しました。試験を受けて思いましたが、この問題集は必須アイテムです!受かりたい人は必ず購入しましょう。

勉強方法
学科編
マークシートで4拓問題が60問です。36点以上が合格ですが、微妙なところで落ちると悔しいので出来る限り42点以上を目標としてください。
とにかく、問題集を3回解きましょう。僕は時間がなく2回しか解けませんでしたけれど3回まわせば確固たる知識が身に付きます。初めは何のことを言っているのかわからないと思いますが、解説を読んでそのあとテキストで確認します。きんざいの問題集は解説の後にポイントも載っていますので覚えましょう。最近の試験2回分も付いていますよ。過去の試験問題はきんざいのホームページにアップされていますが、解説がないことと法律の改正がされる前の問題がそのままアップされているので注意が必要です。僕は試験問題は問題集に付いている2回分しか出来ませんでした。
テーマとして「ライフプランニングと資金計画(年金)」「リスク管理(保険)」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」があります。まんべんなく勉強し、苦手なテーマを持たないことです。苦手なテーマは勉強し逆に得意分野に出来たらいいですね。そうは言っても僕も年金と保険が苦手でしたが。

実技編
筆記試験です。50問で30点以上が合格です。計算問題が解けるかどうかが合格の分かれ道です。
きんざいの問題集を3回やれば80%以上はとれます。計算はほとんど同じような問題しか出ません。公式を必ずマスターし、問題に慣れれば実技の方が学科より点が取りやすいですよ。
筆記試験なので敬遠されがちですが、実は問題集もこちらの方が薄く(約1/3)勉強すればもっとも効果が出やすいと思います。ただ、公式を忘れるといけないので重要な公式は試験前に必ず見直してください。
もう一つ重要なことは、この問題集は試験なら必ず掲載される「税額の速算表(所得税・相続税・贈与税)」や「所得控除額の速算表」が問題ごとに掲載されていません。テキストで確認してください。実際の試験には掲載されると思いますので覚える必要はありませんので。ただし、相続時精算課税の税率20%(一律)は覚えないといけないですけどね。

試験時間について
10:00~12:00が学科試験(2時間)、13:30~15:00が実技試験(1時間半)でしたが、時間は十分ありますので心配はありません。試験前20分くらいから着席させられ、解答用紙に署名と簡単なアンケートを記入します。そのあとは始まるまで静止です。この時間かなり苦痛です。

模範解答について
試験当日の17:30以降にきんざいのホームページにアップされます。僕は待ち切れず、パソコンの前で5分前から待機しました。自己採点ができるよう、問題にはマークを付けておくことが大事ですよ。合格発表は約1か月後です。

注)僕は自己採点の結果、ほぼ間違いなく合格と思っていますが、何かの手違いで不合格ということもありますのであしからず。(タイトルには合格と記載しましたが







Copyright © YAS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。