YAS税理士の独り言

Entries

Category : 個人事業の経理

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、科目設定について見ていきます

主に科目設定には2通りあります。

1つは勘定科目の設定。もう1つは補助科目の設定です。

まず、勘定科目についてです。

やよいの青色申告には、初めから主要な科目が設定されていますが、

自分の事業にあった勘定科目を作成したい場合に、新しく科目を作成できます。

例えば・・・車関係の費用(ガソリン代など)のための

「車両費」という勘定科目を作成してみましょう。

ナビゲーターを立ち上げ、導入タブ→科目設定を選びます。

すると貸借対照表が現れます。

左上には、その横に損益計算書とタブがあります。

今回の「車両費」は損益計算書の必要経費の科目になります。

損益計算書を選び、下の方にカーソルを持ってきてください。

「経費」以下に租税公課、荷造運賃手数料・・・と並んでいますね。

経費の科目のどこにでもカーソルを置くと、例えば租税公課に

カーソルを合わせると、画面上に勘定作成ボタンが出てきます。

クリックすると小さなウィンドウが表示され勘定科目名を記載できます。

そのあと、下のサーチキー1にsharyouといれておくと

すぐに勘定科目を探すことが出来ます。

ここからがポイントです!

作成後、雑費の下に配列されますので、少し上にドラッグして

雑費より上に持っていってくださいね。

雑費というのは、どの科目にも当てはまらなかった経費なので

それより下にあるのはおかしいですから。

次回は、補助科目作成についてお話しますね


ブログランキングに参加しています。記事を読まれたら1クリックお願いします。
↓ ↓

FC2 Blog Ranking

弥生会計のことは中川会計事務所
スポンサーサイト
今日は、フォント(文字の大きさ)の設定について

知ってて便利な機能を紹介します

文字が見にくい・・・という方が多いですね。

初期の状態では、フォントサイズが9ptです。

これはかなり見にくいです!

ナビゲーター画面を立ち上げて、導入のタブをクリック。

画面左に環境設定がありますのでクリック。

環境設定の上のタブの表示の設定を選ぶと

フォントの大きさが変更できます

サイズは10か11くらいが見やすいですね。


ブログランキングに参加しています。記事を読まれたら1クリックお願いします。
↓ ↓

FC2 Blog Ranking

弥生会計のことは中川会計事務所
本日、「やよいの青色申告10」が3本届きました。

菊川怜が3人・・・圧巻ですね。

やよい

クライアントと記帳指導の方の分です。

明日、2件インストールと設定を行いにいくので、

ホント間に合ってよかった~


さて、今日は「導入ウィザード」についてです。

ナビゲーター画面を立ち上げて(画面右上のナビゲーターマークを押す)、

「導入ウィザード」をクリックしてください。

ここで事業所の主な財産の残高を入力していきます。

現金がいくらあるか、事業用の預金がいくらあるか入力してください。

事業とプライベートが混ざっている通帳しかない!

という方は、その通帳を入力してください。

今後、少しずつプライベートの分を他の通帳にうつすか、

新たに事業用の通帳を作ってくださいね

現金は自分で決めて100,000円からスタートでも構いません。

ただし、実際手元の残高と合うようにしてくださいね。

次に預貯金情報の設定ですが、預金通帳があるなら

追加ボタンをクリックして銀行名と口座種類を選んでください。

この時、同じ銀行で同じ支店の通帳が2つあるなら

三井住友銀行1、三井住友銀行2と番号を付けた方が分かりやすいですね。

開業時の残高を入力すれば完了です。

続いて、得意先(売掛金)情報の設定です。

ここでは、よく掛け売上(ツケ売上)をするお客さんの名前を入れてください。

例えば、月末請求、翌月10日入金などの売上先の名前です。

追加ボタンをクリックすれば入力できます。

まだ売掛金残高は0円でも、入力しておけば後で便利ですよ。

さらに、仕入先(買掛金)情報の設定です。

先ほどと同様、仕入先や外注先の名前を入力してください。

これで登録完了です!

ただし、財産の入力がこれですべて終わったわけではありません。

もし開業当初から自家用の車を持っていて、事業に使うなら・・・。

車両運搬具の登録もしなければいけませんよね。

この設定はいつでも変更できますから、当初は気にしないでください。


ブログランキングに参加しています。記事を読まれたら1クリックお願いします。
↓ ↓

FC2 Blog Ranking

弥生会計のことは中川会計事務所
本日、2件も「やよいの青色申告10」を導入したいという方がいらっしゃいました。

そろそろ入力し始めないと、すぐ年末が来てしまいますからね

では、昨日に続いて「事業所データの新規作成」です。

パソコン画面上のやよいの青色申告のアイコンをクリック。

やよいの青色申告の画面右上にナビゲータという文字があるので

それをクリックしてください。

もしクイックナビゲーターがあらかじめ立ち上がっている方は不要です。

そうすれば、スタートとしてデータの新規作成が出来ます。

事業所名を入力し、事業所得であれば不動産業以外/一般を選択します。

次に青色申告か白色申告を選択。

会計年度は平成22年度です。

保存先はそのままCドライブを使用する人は次へ。

そして作成開始ボタンを押せば、登録完了です!

簡単ですよね


ブログランキングに参加しています。記事を読まれたら1クリックお願いします。
↓ ↓

FC2 Blog Ranking

弥生会計のことは中川会計事務所
現在、記帳指導まっただ中です。

今年は13件の担当を受け持っています。

そのうち、会計ソフトを使いたいと言われて導入したのが2件

現在思案中の方が1件、もうすでに会計ソフトを使われている方が4件

つまり、過半数が会計ソフトを導入しています。

まだ手書きで記帳してらっしゃる方は、会計ソフトを導入してみては・・・。

ただし、パソコンを用意しなければいけませんので、

パソコンのない方は少しコストがかかりますが。


記帳指導でも一番多い個人事業主のための「やよいの青色申告10」

の使い方を説明したいと思います

手順は・・・

① インストール

② 事業所データの新規作成

③ 導入設定ウィザード

④ 科目設定

⑤ 科目残高入力

となります。

①のインストールに関しては、やよいの青色申告のCDをパソコンのCDドライブに

入れると、やよいの青色申告のインストールという画面が出てきますので

ボタンを押して、次へすすんで行くだけです。

途中、インストレーション番号を入力しなければインストールできません。

このインストレーション番号は、CDのケースに記載があります。

ケースは捨てないでくださいね。

やよいの青色申告の場合、インストールするためにCDの読み込みが

出来るパソコンでなければいけません。

CDの読み込みが出来ないパソコンの場合、外付けのCDドライブを

購入してくださいね。

ブログランキングに参加しています。記事を読まれたら1クリックお願いします。
↓ ↓

FC2 Blog Ranking

弥生会計のことは中川会計事務所
Copyright © YAS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。