YAS税理士の独り言

Entries

Date : 2009年11月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記帳指導も残り1/4といったところです。

さて、年末でしなければいけないこと・・・・それは年末調整と商品や原材料の棚卸。

現在、記帳指導では棚卸について説明しまくっています。

結構年末忙しすぎて棚卸をすることを忘れてしまう方も多いですから

棚卸とは単価いくらの在庫がいくつ残っているかを調べることです。

この在庫の金額(期末商品棚卸高)を把握することにより売上原価が計算されます。

売上原価とは今年の売上に対する仕入のことですよね。

簿記の話になりますが、

売上原価=期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高

で計算できます。

ある税理士の先生に教わったのですが、売上原価が分からない人には

おススメのお話があります


「今日は飲み会か~財布の中身は・・・4,000円しかないな。

これじゃ、厳しいな。近くのATMで10,000円おろしておこう。」


・・・・・・・・飲み会で盛り上がっています・・・・・


「すっかり酔っぱらったな~、記憶もあまりないや。

どれくらい飲み会で使ったんだろ?財布の中身は6,000円が残っている。」


さて、この飲み会で使った費用はいくらでしょうか?

答えは、8,000円ですよね。

計算は、4,000円+10,000円-6,000円=8,000円

売上原価の計算と同じになっていますね。

このお話のポイントは、最後の財布の中身をチェックすること・・・

つまり年末の棚卸と同じですよね

分かりましたか?


ブログランキングに参加しています。記事を読まれたら1クリックお願いします。
↓ ↓
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
Copyright © YAS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。