YAS税理士の独り言

Entries

税金について悩みを解決!

  • <<  住宅ローン減税の改正内容について
  • >>  融資制度説明会

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業主貸と事業主借って何?

  • 2009.04
  • 19

Edit15

個人事業の簿記の話をします。
みなさんは「事業主貸」及び「事業主借」という科目をご存知でしょうか?会計事務所勤務の方は当然知っていますよね。
僕は、会計事務所に入って初めて知った勘定科目が「事業主貸」と「事業主借」でした。法人の勘定科目には無く、個人事業で使う独特の科目です。
「事業主貸」というのは、その名前のとおり、事業主に貸したという意味です。事業主にお金を貸すっていうのがいまいちピンとこないですよね。なぜなら、個人事業のオーナーさんが自分自身にお金を貸すっていうことが現実的に無いからです。自分で稼いだお金を、どう使おうか自由ですよね。だから、「事業主貸」っていう名前だけれども、返さなくていいんですね。その内容は、事業(厳密にいえば事業所得や不動産所得)に関係ないものにお金を使ったということです。例えば、生活費や個人的な備品の購入などです。
試算表では、貸借対照表の資産の部に計上されます。なぜなら、個人的なものなので経費になりませんから損益計算書には反映させません。仕方なく資産の部しか場所がないんです。
逆に「事業主借」は事業主から借りたという意味です。事業の資金が底をつきそうな時、個人の定期を崩して事業に補充したりする時や、事業に関係のないお金が入ってきた場合に使います。
試算表では、貸借対照表の負債の部に計上されます。
会社で使用する貸付金や借入金と似た科目ですが、お金を貸したり借りたりする相手が自分自身ということです。さっきも言いましたが、自分自身なら返さなくてもいいし、返してもらわなくてもいいので、決算後に「事業主貸」と「事業主借」を相殺して、差額部分を「元入金」に集約してしまいます。

僕の個人的な意見として、個人事業が儲かっているかどうかは、この「事業主貸」と「事業主借」を見れば大体分かります。事業主貸-事業主借の金額が多ければ多いほど儲かっていると予想できます。個人事業の場合はこの金額が、オーナーさんの生活費であると予測できますので。もし、専従者給与をとっているのであれば、その金額も足してくださいね。こんな角度からもいろいろな情報が掴めますので、簿記って奥が深いですよ~。

       
スポンサーサイト

Comment

top

subject管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

top

URL
http://nakagawakaikei.blog42.fc2.com/tb.php/15-de230629
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
  • <<  住宅ローン減税の改正内容について
  • >>  融資制度説明会
Copyright © YAS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。